電子帳簿保存法 2022年(令和4年)1月改正のポイント

2021年07月05日 (月)

著者:吉田勝晃

コラムカテゴリー:

改正電子帳簿保存法が2022年1月に施行されます。 電子帳簿保存法対応のハードルが大幅に下がる改正であると同時に、「電子取引データは全て電子データで保存する」ことが義務化されました。 (正確には、電子取引データを印刷して書面保存できる特例が廃止されました) 例えば、Eメールで請求書のPDFファ...

READ MORE

「DXはデジタル化ではない」のミスリード

2021年04月19日 (月)

著者:吉田勝晃

コラムカテゴリー:

DXへの取り組みが活発化していますが、最近、「DXはデジタル化ではない」の論調を多く見聞きするようになりました。 先日も、「ペーパーレスはデジタル化であってDXではない。デジタル化ではなくDXに取り組むべきだ」との会話を耳にしました。 DXは「デジタル技術を活用したビジネスモデルの変革」を概...

READ MORE

DX推進のフレームワーク?情報処理促進法・デジタルガバナンスコードとは

2020年03月05日 (木)

著者:吉田勝晃

コラムカテゴリー:,

DX(デジタル・トランスフォーメーション)の促進や2025年の壁の克服については過去のコラムでもご紹介しましたが、政府はこれらを制度として後押しすべく、昨年10月に情報処理の促進に関する法律「通称:情報処理促進法」の改正案を閣議決定しました。 施行は2020年春を目指しています。 皆様の企業にも...

READ MORE

オフィスデザイン

2019年05月31日 (金)

著者:吉田勝晃

コラムカテゴリー:

近年、スタイリッシュでオシャレなオフィスが随分と増えたように感じます。 先日、アパレル系企業を訪問する機会がありましたが、その企業はスタイリッシュなオフィスであることもさることながら、そこで働く社員の皆様もオフィスイメージ同様にスタイリッシュで、人と空間が企業イメージをとても良く表現しているように...

READ MORE

生産性へのインセンティブ

2018年12月18日 (火)

著者:吉田勝晃

コラムカテゴリー:

先日、急ぎの事情でタクシーを利用しましたが、そこで少し残念な思いをしました。 そのタクシーは、青信号で止まり、極端にのんびりと運転し、降車地点でもメーターが上がるまで中々止めてもらえず、急ぎで乗車したにも係わらず結果的に移動時間も長く乗車賃も普段より多く支払うことになりました。 (良心的なドライ...

READ MORE

続・無線化

2018年06月12日 (火)

著者:吉田勝晃

コラムカテゴリー:

以前、映像の無線化についてつぶやきましたが、なんとその後、ASCの会議室もモニターが無線化されました(笑) ケーブル交換することなく各自のPCを接続でき、あらためて無線化の便利さを感じています。 さて、さらなる無線化を考えた場合、やはり期待するのは「電力の無線化」ではないでしょうか。 ...

READ MORE

攻めのIT投資 はじめの一歩

2017年12月19日 (火)

著者:吉田勝晃

コラムカテゴリー:

近年、IT先進国のアメリカでは「攻めのIT投資」に積極的で、今なお「守りのIT投資」が多い日本とは関心領域に大きな差があります。実際に、同様の調査結果を公表した企業もあります。 日本でも積極的に「攻めのIT投資」をする企業が増えていますが、その必要性を認知しつつも一歩を踏みだせない、そんな企業...

READ MORE

残すは映像だけ

2017年05月08日 (月)

著者:吉田勝晃

コラムカテゴリー:

ノートPCやタブレットは持ち運びもできてとても便利ですが、 資料作成など細かな作業をする時は、キーボード、マウス、ディスプレイ、 この3点セットがどうしても欲しくなりますよね。 私も普段はノートPCを持ち運びして仕事をしますが、 オフィスや自宅で仕事をする場合はよくこの3点セットに接続し...

READ MORE

これからの情報システム部門に求められる機能

2017年02月15日 (水)

著者:吉田勝晃

コラムカテゴリー:

先日、クライアント企業の経営層の方から「情報システム部門は今後どうすれば良いか?」という質問をいただきました。皆様の中にも同じ悩みを持つ方が多いのではないでしょうか。 実際のところ、その答えは企業によってケースバイケースですが、今回は市場傾向から今後のシステム部門に求められる機能について考察し...

READ MORE

業務成熟度とシステムの密接な関係

2015年12月15日 (火)

著者:吉田勝晃

コラムカテゴリー:

 現代の企業において、ITシステムは経営戦略、業務効率化、コスト削減等のあらゆる局面で必要不可欠なものになりました。 ERP(Enterprise Resource Planningの略で統合型の業務パッケージシステム)のような大規模システムから、量販店などで販売しているような小規模システム...

READ MORE

吉田勝晃のプロフィールへ