システム障害! あなたはどう行動しますか?

2016年12月15日 (木)

著者:山口晃司

コラムカテゴリー:

心臓に悪いタイトルで申し訳ありません。 システムに携わる方でしたら、システム障害対応に関わった ご経験があるのではないでしょうか。 そのようなときに慌てずに対処するのは難しいもので、 普段からルールや行動原則を考えておく必要があります。 今回のコラムでは、私が考える行動原則を説...

READ MORE

なぜなぜ分析をやってみよう

2015年11月16日 (月)

著者:山口晃司

コラムカテゴリー:

発生した問題から真の原因を追究する「なぜなぜ分析」。トヨタの事例として取り上げられたことで、すっかり有名な手法となっています。<なぜなぜ分析の例>「工場の生産ラインが止まってしまった」  なぜ?「生産ラインの回路のヒューズが切れた」    なぜ?「生産ラインの回路に高電流が流れた」     ...

READ MORE

プロジェクト管理「三種の神器」

2014年12月15日 (月)

著者:山口晃司

コラムカテゴリー:

今回のコラムでは、プロジェクト管理の「三種の神器」は何かを私なりに述べてみたいと思います。コラムの草案を練るにあたり、最初にredmineやtracなどの人気のツールを思い浮かべ、次にEVMやPMBOKなどの手法について考えてみましたが、「三種の神器」としてかかげるには何か物足りない気がしま...

READ MORE

動き始めたビッグデータビジネス

2013年12月17日 (火)

著者:山口晃司

コラムカテゴリー:

 ビッグデータ元年と言われた今年。 新聞でも数日に一度はビッグデータの記事が掲載されています。マーケティング分野での利用が先行していましたが、最近では「ビッグデータで野菜の収穫を正確に予測する」といった事例もあり、より広範な分野での活用が始まっています。 「うちの会社にビッグデータと言えるよ...

READ MORE

EVMに取り組む

2012年12月19日 (水)

著者:山口晃司

コラムカテゴリー:

 現在、複数プロジェクトの管理に携わっておりますが、そこでの進捗管理およびコスト管理にEVM手法を活用しています。EVMと言えば、BAC・PV・EV・AC・SV・CPIなど略語が多くてわかりにくく、未経験の方にとっては、導入が面倒、管理負荷が増えるのでは・・・というイメージをお持ちではないで...

READ MORE

スマートフォンのセキュリティ対策

2011年10月15日 (土)

著者:山口晃司

コラムカテゴリー:

 身の回りで、スマートフォン(以下スマホ)の利用者が急増しています。iPhone4Sの発売やNTTドコモの高速通信サービス開始などが起爆剤となり、その動きはさらに加速しているようです。2011年度通期のスマホの出荷台数は携帯電話全体の56%に達するという予測もあります。 私も8月にスマホに変更...

READ MORE

Windows 7 移行の課題と対応

2011年05月01日 (日)

著者:山口晃司

コラムカテゴリー:

■はじめに2011年はWindows 7元年と言われており、企業におけるWindows 7への移行が加速すると予想されています。2014年のWindows XPの延長サポート終了をにらみ、Windows 7への移行を検討されている企業も多いのではないでしょうか。今回のコラムでは、企業における...

READ MORE

ファンクション・ポイント活用のすすめ

2010年09月09日 (木)

著者:山口晃司

コラムカテゴリー:

1. はじめに ファンクション・ポイント法(以下FP)はことさら新しい話題ではありません。また、決して派手な技術・手法ではありません。しかしシステム開発の実務においては、システム開発見積やシステム品質評価の基準値として、FPは既にデファクトスタンダートになっていると言っても過言ではないでしょう...

READ MORE

システムデューデリジェンスとは

2006年02月20日 (月)

著者:山口晃司

コラムカテゴリー:

 一般的にデューデリジェンスとは、企業が他社の吸収合併や事業再編を行うときなど、果たして本当に適正な投資なのか、また投資する価値があるのかを判断するため、事前に詳細な調査を行うことを指します。一言で言えば企業価値の評価を行うことです。 ではシステムデューデリジェンスとは何かと言いますと、企業の...

READ MORE

オフィスから始めるグリーンIT

2004年12月15日 (水)

著者:山口晃司

コラムカテゴリー:

エコに関する動きが活発化しています。洞爺湖サミットは玉虫色の宣言に終わりましたが、東京都環境確保条例の改正(総量削減義務と排出量取引制度の導入)など、より具体的な話も出てきました。米国ではどちらの党が次期政権をとっても気候変動に真剣に取り組むことになると予想されているそうで、国際的にもこの動きは...

READ MORE

山口晃司のプロフィールへ