青山システムコンサルティングのコンサルティングコラムです

TEL:03-3513-7830|お問い合わせ

コラムカテゴリー:

「コンサルタント」は、クライアント企業に何らかの客観的かつ専門的知識をもとにした支援を提供する仕事です。
「コンサルタント」には、「○○コンサルタント」という数多くの種類のコンサルタントが存在しています。
今回は、「ITコンサルタント」について、解説をします。

ITコンサルタントの定義

ITコンサルタントとは、企業の経営や何らかのビジネスプロセスに関して、ITの専門性を持って、アドバイスや問題解決の支援をおこなうコンサルタントといえます。
その中で、IT戦略の立案や業務改善、業務ルールの整備やシステムの導入に関する支援を行うこともあります。

ITコンサルタントの種類

ひとことでITコンサルタントといっても、さまざまな専門領域をもつコンサルタントが存在します。

具体的には、以下のような分類例があります。
あくまでも例ですので、この範囲におさまらないものが多数存在しています。また、複数領域を得意とするコンサルタントも多く存在します。

プロセス分類
  • IT戦略
  • IT企画
  • プロジェクトマネジメント
  • サービスマネジメント
業務分類
  • 営業管理
  • 販売管理
  • 会計
  • 人事関連(人事、給与、勤怠等)
  • 生産管理
  • 在庫管理
技術分類
  • アプリケーション
  • サーバー
  • ネットワーク
  • セキュリティ

どのように支援してくれるのか

ITコンサルタントに問題解決の支援を依頼すると、具体的には次のようなプロセスで支援をしてくれます。
支援領域や対象となる業務によっては、このプロセスから外れる場合があります。

  1. クライアント企業のビジネス(業務)や情報システム環境の現状分析
  2. 戦略や施策の検討
  3. 新たな業務フローや業務ルール、情報システム環境を提案
  4. 新たな業務フローや業務ルール、情報システム環境の実現を支援

なお、新しいビジネスの立ち上げにおける情報システム環境構築を支援する際には、「現状」がありません。
そのため、見直しや改善策ではなく、新しいビジネスプロセスやルールの検討、設計、情報システム導入等を支援してくれます。

支援を依頼するメリット

ITコンサルタントに支援を依頼するメリットはなんでしょうか。

社内リソースだけでITを活用した業務改善や新ビジネスの立ち上げを進めようとすると、いくつかの問題に直面しがちです。
ITコンサルタントに支援を依頼することで、こういった状況の解消が可能です。

直面しがちな問題の例は以下のとおりです。

業務の改善時に直面する問題
  • 情報システムを導入したり、作り変えることが目的となってしまいがち
  • 世の中にどのような選択肢があるかわからない
  • 社内で当たり前になっている業務プロセスやルールに関して、どこを改善すべきかわからない
  • 業務プロセスやルールの改善施策を考えたが、最適な内容か、世間で一般的な内容かの判断ができない
  • 日々の業務に忙殺され、改善に対応する暇がない
新しいビジネスの立ち上げ時に直面する問題
  • まだ始まってもいないビジネスなので、どのような業務プロセスやルールにしたら良いのか、よくわからない
  • 新しいビジネスにフィットするITの選択肢が見つけられない
  • 日々の業務に忙殺され、検討や考察の暇がない

ITコンサルタントを選ぶポイント

上述のとおり、ひとことで「ITコンサルタント」といっても、どの領域が得意なのかは、コンサルタントによって異なります。
どのような領域の専門家を必要としているのかを明確にし、その領域を専門とする「ITコンサルタント」を選択することが重要です。

関連コラム

2023年02月20日 (月)

青山システムコンサルティング株式会社

その他