ITシステムの投資効果

2009年01月15日 (木)

著者:谷垣康弘

コラムカテゴリー:

「情報システムの投資は妥当なのだろうか?」これは経営者ならずとも情報システムの管理者が思い悩むところです。 ITシステムの投資効果…・これは好景気、不景気に関係なく永遠の経営課題と言えます。投資効果が金額できっちり査定できるものならそれに越したことはありませんが、一般的には非常に困難です。たと...

READ MORE

それ、本当に問題点ですか?

2008年11月30日 (日)

著者:野口浩之

コラムカテゴリー:

とある通信販売を事業としている会社の情報システム部員3人が抱えている『問題』 である。 Aさん 「最近、予約受付システムの動作が遅いみたいだ・・・」 Bさん 「予約受付システムの動作が遅いせいで、販売機会損失が発生している!」 Cさん 「予約受付システムの動作が遅くて、使い物にならない!...

READ MORE

『要求仕様』を書いてみる

2008年11月15日 (土)

著者:池田洋之

コラムカテゴリー:

ソフトウェア障害が起こった際、その原因はというと、設計やコーディングのミスなど技術的要因とされる事が多いように感じます。 しかし、よくよく原因を分析してみると「仕様漏れ」や「仕様の認識違い」等、仕様に関する問題が根本的な原因となっている事が多くあります。 仕様漏れ」や「仕様の認識違い」が起こ...

READ MORE

システム導入しても人が減らない理由

2008年10月31日 (金)

著者:嶋田秀光

コラムカテゴリー:

システムの導入の目的に、日々の作業の正確性向上と軽減化をあげることがよくあります。作業が軽減されるのだから作業する人が減るという解釈がうまれ、どの部署で何人減らせるのかという試算を何度か今までしたことがありました。が、実際、システム稼動した後に、人員を減らせたかというと、減らせたことはあまりあり...

READ MORE

工事進行基準適用に向けての企業の心構え

2008年10月16日 (木)

著者:その他

コラムカテゴリー:

現在、各企業の関心ごとと言えば、平成20年度から施行される「内部統制報告制度」であろう。 しかし、その翌年である平成21年度からIT業界でも施行される「工事進行基準」も忘れてはいけない。 ◆制度について この制度は、国際会計基準(IAS第11号)とほぼ同じ基準にする為に「工事完成基準」では...

READ MORE