語学学校運営会社におけるプロジェクトマネジメント

掲載日:2017年05月10日 (水)

サービス種別:プロジェクトマネジメント

企業規模:社員数約2,000名参考費用:150万円/月(18ヵ月)

依頼の背景

全国で数百校ある語学学校で30年使用してきたC/S型システムを、WEBベースの本部集中型にリプレースすることになった。

支援内容(一部抜粋)

  1. ベンダーとの費用や契約交渉のアドバイス
  2. プロジェクト体制のアドバイス
  3. テストや移行等、ユーザー企業側の作業の計画立案、進捗管理
  4. システム切替日当日の移行コントローラー

担当コンサルタントのコメント

プロジェクトマネージャーがITの経験の無い利用部門の社員だったため、弊社がITやプロジェクトマネジメントの知識が必要な全ての場面において支援を実施した。

また、プロジェクトの進捗状況を客観的に評価し、経営層へ報告・リスク対策の提言を行うことで、問題発生時の対策をトップダウンで迅速に行なえるようになった。

全社的な大規模プロジェクトでは経営層の関与が必須となるが、社内やベンダーからの報告はそれぞれ主観的な内容であることが多く、重要な意思決定をしにくいケースが少なくない。経営層の意思決定には客観的な状況評価報告・リスク対策の提言は有効な判断材料となる。