化粧品通信販売企業におけるシステムアドバイザリー

掲載日:2017年05月02日 (火)

サービス種別:システムアドバイザリーサービス

企業規模:社員数約80名参考費用:10万円/月

依頼の背景

化粧品通信販売業を営むA社は、WEB販売サイトの性能問題、開発ベンダーB社への不信といった課題を抱えていた。
A社にはITの専門家はおらず、どのように課題を解決していけばよいか、見通しが立たない状況に陥っていた。

アドバイスの例(一部抜粋)

  1. WEB販売サイトの性能問題について、原因分析の手法のアドバイスから、問題解決策をアドバイスした。
  2. 開発ベンダーB社との信頼回復のため、工数や費用の透明化、コミュニケーションルールの策定など、改善施策をアドバイスした。

担当コンサルタントのコメント

A社は創業当初よりB社にシステム開発を委託していた。
WEB販売のフロントからバックエンドまで、全てB社が開発しており、A社独自のノウハウを多く実装していた。
そのため、一般的なECパッケージシステムに移行することは、現実的な選択肢ではなかった。
A社が取るべき選択肢は、B社との関係改善であり、弊社はその解決の支援をした。

ITの専門知識を持たないA社と、システム開発会社であるB社は、認識・理解が一致していない点も多々あり、同じ言語で会話が成立していない印象であった。

このようなケースでは、両社の間に第三者としてITの専門家が入ることで、両社の溝を埋め、関係の改善につなげることが有効である。