不動産のプロパティマネジメント業におけるシステムアドバイザリー

掲載日:2017年05月02日 (火)

サービス種別:システムアドバイザリーサービス

企業規模:社員数約120名参考費用:5万円/月

依頼の背景

不動産のプロパティマネジメント業を営むA社は、IT部門がなく、管理部門の担当者がIT担当を兼任していた。
IT関連の業務はほとんど総合ITベンダーであるB社にアウトソーシングしていた。
B社の提案内容や見積もり、業務の対応などについて、A社は他社と比較することもできず、適切であるかの判断ができない状況に陥っていた。

アドバイスの例(一部抜粋)

  1. B社からの提案、見積もりについて、その内容をレビューし、適切であるかのアドバイスをした。場合によっては、より最適な別の提案をB社から引き出した。
  2. A社の親会社からメールサービスを始めとするコミュニケーション基盤の統合を要求された際には、移行におけるリスクの洗い出し、計画策定を支援した。
  3. A社とB社は毎月定例会議を開催しており、弊社も出席した。B社の曖昧な発言内容、理解の難しい内容について、A社とB社の間に入り、A社が適切な意思決定ができるように支援した。

担当コンサルタントのコメント

A社のようにIT部門や専任のIT担当を置かない企業は、決して少なくない。
そのような企業では多くの場合、いわゆる「お抱えのベンダー」を持っていることが多い。
「お抱えのベンダー」は両社にとってメリットも大きいが、発注者としては他社との比較がしにくい、できない状況に陥ることから、不信感が生まれるケースが少なくない。

それでは、他社からも提案や見積りをしてもらえば解決するかというと、そう簡単ではない。「お抱えのベンダー」でなければできない範囲が、あまりにも広くなっているからだ。また、IT部門のない企業にとっては、複数社とやり取りをするのも、実際には困難を極める。

このようなケースでは、システムコンサルタントに依頼し、「お抱えのベンダー」に対する牽制を働かせることは、とても有効な選択肢である。