住宅の企画、販売業におけるシステム化計画策定

掲載日:2014年07月30日 (水)

サービス種別:システム化計画

企業規模: 社員数約200名参考費用: 350万円

【依頼の背景】
A社は、住宅の企画、販売を手掛けている。導入からかなりの年数が経過しているシステムを利用しており、現状の業務にシステムが適応できていない状態になっていた。業務とシステムの不適応のため、個別のツールを導入して対応している状態で、プロセスの複雑化や二重入力の増加を招いていた。
業務効率の向上、経営戦略に合ったシステムの構築も望まれており、以下を目的としてコンサルティングを依頼した。

(1)業務、システムの状況分析
(2)業務の効率化
(3)管理水準の向上

【現状の問題点(一部抜粋)】
資料の調査やヒアリングから、現在の主な問題点として以下の点などが挙がった。

(1)管理指標の整備不足
(2)重複作業が多い
(3)紙管理が多い

【提案内容(一部抜粋)】
問題点を分析し、解決の方策として以下を提案した。

○ 業務プロセス面

(1)分散しているシステムを販売管理システムと顧客管理システムに統合する
(2)紙ベースで行っているデータ収集と集計をシステム化する

○ 制度、ルール面

(1)管理指標をシステムに登録しておく
(2)電子ワークフローを導入、利用する
(3)必要なデータのシステム入力ルールを徹底する

【担当コンサルタントのコメント】
A社は、約10年前に導入し勘定系システムや情報共有システムを中心に、複数の個別システムを利用しており、経営に必要なデータの源泉が分散している状態にあった。
分散したデータをまとめるために、個別ツールや手作業で対応している状態で、今後の事業拡大のためには、業務のプロセス、ルールの整理と、システム刷新が不可避だった。

業務プロセスの見直しが必要との認識はありながらも、複数システムのメンテナンスやデータの整合性チェックに追われるシステム部門では、複雑化した現状を整理して問題点を洗い出すことができずにいた。
同じような問題を抱える企業は少なくない。特に、業務サポートが中心になっているシステム部門担当者にとっては、全体最適を考慮した対応は難しくなる。投資効果の視点も含め、第三者からの視点が重要になる。