インターネット広告運用プラットフォームのシステム化計画

掲載日:2019年01月16日 (水)

サービス種別:システム化計画

企業規模:年商350億円 社員250名参考費用:400万円

依頼の背景

複数事業者のインターネット広告サービスの大手代理店(A社)より、複数のインターネット広告サービスの統合運用を効率的におこなうためのプラットフォーム開発の計画策定の依頼を受けた。

提案内容(一部抜粋)

A社の運用業務、クライアント企業へのサービスレベル向上などの観点より、以下の提案を行った。
予算・目標進捗状況などの監視を自動化し、とるべき対応の抜け漏れをなくすと同時に、業務効率化を実現する。
クライアント単位でデータを一元管理し、クライアントへのダッシュボードを通じた情報提供を実現する。
複数のクライアントを横断し、社内チーム別、業界別などでのデータ分析ができるようにする。
スケールアウトに対応したシステム環境の整備をする。
外部システム連携を容易にする仕組みを整備する。

担当コンサルタントのコメント

A社では複数のインターネット広告サービスをクライアントに提供しており、その統合運用が効率的に行われておらず、同時にクライアント企業に対して最適なサービスを提供しきれていなかった。
インターネット広告業界は技術進歩、ビジネス拡大とも、とても速い業界であった。これまでもシステム化や自動化をしながら広告運用・サービス提供をしてきたが、このままビジネスを継続することはA社も限界を感じていた。
A社では既に「やりたいこと」のイメージはできていたものの、それを計画書にまとめ、更には開発ベンダーの選定をするプロセスを実施するためのリソースが社内では不足していた。また、大きな投資になるため、専門家の客観的な視点が要求された。
結果として、上記の提案内容(一部抜粋)に記載した内容を中心に、統合運用プラットフォームを開発する方針が経営層により意思決定された。