助成金でリモートワークの環境整備、してみませんか?

コラムカテゴリー:

新型コロナウィルス(COVID-19)の感染拡大に伴い、

多くの企業が感染拡大の防止策に努めております。

 

感染拡大の防止策の一つとしてよく挙げられるのがリモートワークです。

社会的にリモートワークが推奨されているため、

多くの企業でリモートワークの環境整備が喫緊の課題となっているのではないでしょうか。

 

弊社でも多くの社員が出社を控えリモートワークで業務を行っているため、

各自リモートワークの環境整備が求められております。

 

そんな中、リモートワーク環境整備の一環として、

弊社では全社員にヘッドセットを支給し、

希望者に対してはディスプレイも支給しました。

 

これらの環境整備は、リモートワークの効率を確実に上げることができるものの、

投資が用意できない企業も多いと思います。

そこで、助成金の活用という選択肢があります。

 

弊社では、東京しごと財団が実施している「事業継続緊急対策(テレワーク)助成金」を活用し、

社員のリモートワーク環境整備を行いました。

 東京しごと財団 事業継続緊急対策(テレワーク)助成金

  https://www.shigotozaidan.or.jp/koyo-kankyo/joseikin/kinkyutaisaku.html

 

私は上述の助成金のことを知らなかったので、

コロナ禍によりどれだけの支援が整備されたのだろうと気になり、

以下のサイトを確認したところ、

なんと全国で約600件もの支援制度があるそうです。

 ※出典:Yahoo!くらし > 新型コロナ 対策支援制度まとめ

  https://kurashi.yahoo.co.jp/supports/covid19

 

リモートワークの環境整備には多くの課題があります。

 ・ヒトの課題(リモートワークを推進できる人材がいない)

 ・ハウツーの課題(リモートワークを実施したいが具体的なやり方がわからない)

 ・コストの課題(環境整備に必要なコストを捻出できない)

などがあげられます。

 

助成金を活用することで、コストの課題は軽減されますので、

ぜひ活用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

関連サービス

 

2020年07月20日 (月)

青山システムコンサルティング株式会社

関根 真悟