サービスコンセプト

ASC は、IT・システムのライフサイクルに準じて、コンサルティングサービスを提供しています。

カタチのないサービスであるため、具体的な内容は案件ごと・クライアントごとに最適にアレンジして提供します。

システム診断サービス内容はこちら

多くの企業において、自社のシステムで以下のような問題がないか、不安を感じています。

維持(保守・運用)に想像以上にコスト(費用)が発生し、投資効果が得られていない。
ITシステムを導入したのはいいが、機能を使いこなせていない。
経営的にみて、期待効果が得られていない。
経営環境の変化にITシステムが追いつけない。
TCO削減をしたいが、どのように進めたらよいか、わからない。
あと何年間使い続けられる(延命できる)のか。

これらのお悩みを解決すべく、ASC が現在ご利用中のITシステムを診断・評価し、その結果をもとにコンサルティングを行い、ITシステムの改善施策を導き出します。

ASC は公正中立なポジショニングだからこそ、真の評価が可能であり、時には「よくできているシステムです」といった評価をすることもあります。

システム化計画サービス内容はこちら

現行システムや業務を、ただ新しいシステムに刷新するのではなく、まずは業務ルールやプロセスのあるべき姿(ToBeモデル)を策定します。
様々な業種・業界・業務を経験しているからこそ、その企業ごとにフィットしたあるべき姿(ToBeモデル)を導き出すことができます。

システム化計画を策定していくプロセスにおいては、実際に業務を担当している方々ばかりではなく、経営層にもインタビューをおこない、経営戦略やIT戦略のヒアリングやディスカッションをします。

ITベンダー評価・選定サービス内容はこちら

システム化計画で策定した「あるべき姿(ToBeモデル)」を実現するのに最適なベンダー、パッケージシステム選定します。
ASC は公正中立な立場であるため、選択肢が特定の製品・サービスにとらわれることはありません。
クライアントにとって、本当に最適な選択ができるのです。

プロジェクトマネジメントサービス内容はこちら

ASC のクライアントの多くは、システム開発プロジェクトの経験があまりありません。
そこで、ASC はクライアントの立場でプロジェクトマネジメントを支援します。

時には開発ベンダーに対して厳しい態度で接することもありますが、開発ベンダーからも
「ASCが間に入ってくれて助かった」
というお言葉を頂きます。

システムアドバイザリーサービスサービス内容はこちら

特に中堅中小企業においては、ITの専門家が在籍していないことが多くあります。そのような企業において、ITの専門家として支援をします。社長と直接コミュニケーションを取る機会が多い仕事でもあります。多くの場合は月に数回の訪問と、随時のEメール・電話でのサポートをします。もちろん、アドバイザリサービスを提供しているクライアントから、基幹システム刷新などの大きな案件が発生することもあります。