吉田 勝晃

吉田 勝晃

システム化計画からシステム要件分析・設計・開発・保守運用まで、システム導入に関する豊富な知識と経験をもつ。業務プロセス改善・業務プロセスマネジメントを得意とし、ITを活用して業務効率化するコンサルティングを強みとする。

また、公益法人向けにはプリセールスから開発工程までシステム導入経験が約50社と豊富な実績をもつ。

矢印

久保田 一樹

久保田 一樹

メーカー系SIerに入社後、メガバンク案件のプロジェクトの成功に貢献する。その後、信用調査会社に入社し、情報システム部門として利用者を考慮した設計や移行方式を採用することで、利用部門から評価される。より多くの企業に貢献したいという思いから、青山システムコンサルティングに入社し、開発側と利用者側の視点を併せ持ったコンサルタントとして、PMO支援を中心に活動している。

矢印

畠山 健

畠山 健

立教大学観光学部にてホスピタリティ・マネジメントを専攻した知識を活かし、国内テーマリゾートの直営ホテル運営会社に入社。約2年に渡り飲食のサービス業務に従事した後、同社情報システム部門へ異動を機にシステムの世界の門を叩き、ありとあらゆるシステム関連業務に携わる。

IT技術による人的サービス品質の向上をテーマに、業界の垣根を超えたソリューションの提案をしたい思いからASCに入社。クライアントが抱えている課題を、ベンダーとクライアントの両方を理解した第三者目線を意識するシステムコンサルティングをおこなっている。

矢印

吉田 勝晃

入社動機

企業発展の支援を「隣」でしたいとの思いから、コンサルタントへの転身は早い段階で決めていました。特定の製品やサービスに特化したコンサルティング会社が多い中、「公正・中立」「少数精鋭」を志し、実践している点に惹かれて入社を決めました。

日々の仕事

現在は業務改善支援の案件を中心に活動しています。ITやシステムに特化せず、業務基盤の構築から支援しています。また、公益法人を中心にIT全般のアドバイザーも担当しています。

ASC はこんな会社

どの企業も「自分次第」である面はありますが、ASC はその要素がより強い企業です。自分次第ですが、自分の描くキャリアにチャレンジする機会を多く得ることができます。少数でのサービス提供(1名担当も多々)機会も多いため、クライアントとも「個」として深く関わることができます。チャンスとトレードオフでシビアな面もありますが、プロフェッショナルな環境を望む人にとっては最高の環境です。​

久保田 一樹

入社動機

前職では、社内SEとしてセキュリティに関する業務改善を推進していました。自身の経験から、より多くの企業に貢献したいと思い、コンサルタントへの転身を決意しました。
ASCは、「品質を下げずにコストメリットをクライアントに提供している」という費用のこだわりで、コンサルティングサービスの活用を断念してしまう企業に応えているファームであると思い入社を決めました。

日々の仕事

現在は、プロジェクトマネジメントや業務改善コンサルティングの案件を担当しています。
前者では、プロジェクトオーナーから委譲された範囲内で意思決定を行っており、範囲外では課題の分析や対策の方向性を示唆し、プロジェクトを推進しています。後者では、受注確度の向上を目的とした営業のKPI改善を営業企画担当に提案し、新しい業務フローの検討などを行っています。

ASC はこんな会社

気軽に相談ができる優秀な仲間に囲まれています。相談の中で、自分の考えが浅かったり矛盾していたりすると、自分で気付けるように促してもらえるため、相談が学びの場になっています。
自分の努力次第ではありますが、より自分を成長させられる環境が整っている会社であると感じています。

畠山 健

入社動機

ホスピタリティ業界に身を置いていた経験から、「人がすべき業務なのか」という視点でのシステムの活用が今後の社会において重要であると思い、その提案の場に身を置きたいという希望をもっていました。
その思いの中、特定の製品・サービスに縛られない、常に「公正中立」な立場でお客様の視点で最適な選択を提案できる、という点に惹かれて入社を決めました。

日々の仕事

現在はシステム評価やシステム整備計画の立案など、多様なコンサルティング案件に従事しています。
また、既にシステム化計画を立案したクライアントに対しては、継続的な要求・要件定義のサポートやアドバイザリーを担当しています。

ASC はこんな会社

一言で表すならば、「個人」と「集団」の両面を兼ね備えている企業です。
「個人」の視点では、自分自身をマネジメントする責任は伴いますが、自由に考え、動く環境が整っています。
また「集団」の視点では、知識・経験の共有や、勉強合宿といった教育の機会が提供されています。一人の力では成長できないレベルへ昇華できる最高の場所だと思います​