青山システムコンサルティングのコンサルティングコラムです

TEL:03-3513-7830|お問い合わせ

コラムカテゴリー:

先日、クライアント企業を訪問した際、紙書類が殆ど無いオフィスに目が留まりました。

その企業の管理部長に、
「ペーパーレスが進んでいますね。推進に苦労はありませんでしたか?」と尋ねたところ、
「社長がペーパーレスを”目的”としてトップダウンで進めたので、
 推進の苦労はありませんでした。」
と。

「え…?
 手段ではなく、目的ですか?」

私は「ペーパーレスやIT導入、DX etcは、“目的”ではなく“手段”でしかない」と、
様々な場所で話していたため、思わず聞き返してしまいました。

ペーパーレスを“目的”とした真意は結局分かりませんでしたが、
続けて以下をお聞きしました。

「紙利用を廃止したところ、社員は電子データ前提の業務を余儀なくされました。
 最初は作業効率が低下したものの、
 各自が工夫を行い、情報交換のスピードが圧倒的に向上した事もあり、
 結果的に生産性が向上しました。大袈裟ですが、文化が変わった感じがします。
 今では紙では業務が回らない状態になっています。」

ペーパーレスを推進しようとしても、業務のやり方を変えられない、
費用対効果の理解が得られない、といった理由で、
なかなか進まない状況をよく目にしていたので、非常に印象的でした。

全ての企業に当てはまるとは限りませんが、早期にメリットを享受するには、
躊躇せず、まずはやってみるのもあり、
そう感じたクライアント訪問でした。

 

2022年06月20日 (月)

青山システムコンサルティング株式会社

池田洋之