「人を動かす3原則」を意識してみませんか

コラムカテゴリー:

「人を動かす」という本をご存知でしょうか。

元々は1930年代に米国で出版された本であり、
現在では様々な言語に翻訳されている大ベストセラー本です。
その中身は、著者デール・カーネギーの実例に基づいて、
他人が気持ちよく動いてくれるにはどうすれば良いか、
そのビジネスコミュニケーションのスキルについて書かれた書籍です。

その中では全部で4種類の原則について述べられている中、
私が特に普段から意識しているのが、
書籍の最初の章で述べられる「人を動かす3原則」です。

【人を動かす3原則】
1.盗人にも5分の理を認める
2.重要感を持たせる
3.人の立場に身を置く

弊社も勿論のこと、企業に属している限りは、
複数の会社や人でおこなう業務・仕事からは離れられません。
また企業や組織、チーム等で上に立てば立つほど、
他の人に動いてもらうお願いをする何かしらのシーンに遭遇します。

例えば、私は「3.の人の立場に身を置く」に則って、ルールや常識といった「大前提」を、
動いてもらう他の人に無意識に押しつけていないか、意識をするように心掛けています。

普段の様々なシーンの中で「人を動かす3原則」を意識すると、
動いてもらう相手もモチベーションを高め、
ひいては全体としての効率があがり、最良の結果がもたらされます。

詳しいメソッドは、是非一度読んでみていただければと思います。

なお本書には付録として「幸福な家庭をつくる七原則」も記載されています。
仕事から家庭生活まで、人が動く全てのシチュエーションで活かせる、
お勧めの一冊です。

2019年09月16日 (月)

青山システムコンサルティング株式会社

畠山健