News & Topics

2014年04月10日(木)

コンサルタントColumnに『XP対応後も必要となるOS変更対応』を追加しました

ついに2014年4月9日をもってWindows XPの延長サポートが終了しました。
XPを利用されていた企業の方は、この半年くらいで機器交換などされたのではないでしょうか。

 マイクロソフトではメインストリームサポート期間を最低5年間、セキュリティ更新プログラムの提供が受けられる延長サポートをさらに5年間設けています。延長サポートが終了してもパソコン自体は使えますが、OSのセキュリティ更新プログラムが提供されなくなるためにセキュリティ上のリスクが高い状態となってしまいます。

 ですから、皆さんの会社も含め、多くの企業ではセキュリティパッチが提供されなくなるOSをいつまでも使い続けることが出来ず、Windows7やWindows8などを搭載している機器への交換に踏み切っているのです。

続きはこちらをご覧ください